いろんな方法を実践してみよう

>

原因菌が嫌がる環境を作る

窓を開けておこう

干す時に、室内の窓を全て締め切っている人が見られます。
すると空気が部屋に籠るので、湿気も溜まりやすくなってしまいます。
臭いの原因菌が大量に繁殖するので、洗濯物に臭いがつくでしょう。
そのような状態を避けるために、洗濯物を干す場所の窓を開けてください。
ドアも開けていると空気の通り道ができるので、室内を乾燥させられます。

すると湿気が溜まることもないでしょう。
また、そうすることで早く洗濯物が乾くという面もメリットになります。
雨が降っている時に窓を全開にすると、洗濯物が濡れてしまいます。
それでも、少しだけ窓を開けておくと良いでしょう。
少しでも開けていれば、湿気を抑えられます。
臭いの対策をするなら、湿気を除去することが重要です。

除湿器を使う方法

どうしても窓を開けられない時や、それだけでは湿気を除去できない時があると思います。
そんな時は除湿器を使うと良いですね。
乾燥機を使う人も見られますが、除湿器の方が部屋の湿気を吸い取れるので大きな効果を発揮できます。
小さな除湿器でも、しっかり湿気を吸収できるので安心してください。

大きさ除湿器を部屋に設置すると、邪魔だと思っている人が見られます。
小さな除湿器だったら、狭い部屋に置けるのでおすすめです。
また新聞紙を、除湿剤代わりに使っても良いですね。
部屋に吊るしておくと、湿気を吸いとってくれます。
簡単にできる方法なので、除湿器を購入する前に、新聞紙を使ってみましょう。
新聞紙が湿ってきたら、新しいものに交換してください。


この記事をシェアする

トップへもどる